大井川鉄道福用駅から八高山へ Part2

18日は八高山に登ってきました。福用駅から歩き始めて、なだらかコースを経由し、お昼過ぎには山頂に着きました。山頂はあまり広くはありませんが、南北が切り開かれています。中央には一等三角点が設置されていました。

画像


ベンチに座ってお昼ご飯を食べました。日差しが強くて、真冬だというのにちょっと暑く感じるくらいでした。展望はなかなか良くて、少し雲が掛かっているものの大きな富士山がよく見えていました。堂々とした大無間山が目立っていて、その左手には南アルプスの真っ白な頂も見えていました。南側は遠州灘が見えていました。

画像


画像


画像


ゆっくり休憩したら往路を戻ります。気持ちのいい道を通って白光神社へ下り、あとは急な道を慎重に下っていきます。どんどん高度が下がって、かなり早く馬王平へ降り立ちました。

画像


画像


画像


画像


馬王平からは林道を歩き、伐採地を通っていきます。遠くの山並みでは大無間山が目立っていました。振り返って見る八高山はとても堂々たる山容で、スケールこそ違えど、夏に登った鷲羽岳を思い出しました。

画像


画像


五輪段でコースが分かれますが、下山は右手の急斜面コースへ進みます。すぐにやや急な下りとなりますが、道は良く整備されていて不安はありません。少しですが紅葉の名残も見られました。

画像


画像


画像


やがてケーブルのレールが出てくると、お茶畑の中を通ります。その先でレール沿いに下っていきますが、右手の石垣が崩れかけていて、気にしながら通過しました。

画像


画像


傾斜が緩むところもありますが、一部で露岩混じりの急な所も出てきます。道標があって大きく左手に曲がるところからは非常に急な斜面の下りです。ロープも張られていますが、ゆっくり慎重に下っていく白山神社のすぐ裏手に降り立ちました。

画像


画像


画像


画像


白山神社前には八高山登山口の標識がありました。以前は神社には入らず、左手に少し進むと登山道取り付きがありました。どうも以前とは道が付け替えられたようです。神社からほんのわずかでなだらかコースとの分岐があり、右折するとすぐに福用駅へ戻ってきました。

画像


画像



福用駅→(なだらかコース)→(75分)五輪段→(20分)馬王平→(40分)八高山→(25分)馬王平→(急斜面コース)→(55分)福用駅



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック