映画クレージー・フォー・マウンテン観ました

オーストラリア映画のクレージー・フォー・マウンテンを観ました。2017年公開の映画で、日本では2018年7月に公開されています。私はNetflixで視聴しましたが、来月にはDVDやブルーレイが発売されるようです。

画像


ドキュメンタリー映画で、特にストーリーなどはありません。登山者やスキーヤーが登場しますが、特に目立つ出演者もおらず、結構淡々と進んでいきます。わずか74分と短い映画ですが、ストーリーが無いため、盛り上がる展開もなく、あまり印象に残る映画ではなかったです。

映像はとてもきれいで迫力もありました。昔の登山風景など貴重な映像も含まれています。何度か早回しで進む所があり、そこは不要なシーンではないかと思いました。音楽はオーストラリアのオーケストラによるもので、なかなか良かったです、

時折入るナレーションが素晴らしいのですが、調べてみるとウィレム・デフォーが担当していました。プラトーン、ワイルド・アット・ハート、スパイダーマンなどに出演している名優です。彼のナレーションはこの映画の最も良い所だと思いました。

こうした自然相手のドキュメンタリー映画だと、どうしても単調になりがちです。そこで観客を飽きさせない工夫が必要なのですが、この映画ではそうした工夫とか演出がほとんどありません。登山が趣味という人ならともかく、一般の人向けでは厳しい評価になるでしょう。私も是非また観たいなとは思えませんでした。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック