沼津アルプス全山縦走 Part1

2月5日は沼津アルプスに行ってきました。12年振り3回目となります。今回はぜひ全山縦走してみようと思いましたが、天候や体調により途中断念することも考えて北上コースとしました。

行きは新幹線で三島駅まで行き、東海道線に乗り換えて沼津駅で下車します。登山口の多比へのバスは2系統あるのですが、どちらも待ち時間が多かったです。しかも道路工事のせいで遅れていたらしく、登山開始はかなり遅くなってしまいました。

画像


バス停から少し戻り、右折したところに小さな案内表示がありました。住宅地の中を緩やかに登っていくと、蝋梅や梅の花が咲いていました。次第に傾斜が増し、畑や果樹園の横を登っていきます。途中で登山者用らしい簡易トイレが設置されていました。

画像


画像


画像


しばらくすると三叉路があり、ここは道標と案内板に従って右手の細い道に入ります。12年前にはこんな案内板はなかったような気がします。訪れる人が増え、コース整備が進んだのかなと思いました。

画像


画像


画像


やがて林道が突き当たりになると、ようやく山道に入っていきます。ここには水仙の花がちょうど咲いていました。登山道は明るい雰囲気で、しばらく緩やかに登っていきます。時々、ちらっと鷲頭山も見えていました。

画像


画像


画像


最後に急斜面を登ると多比口峠に着きました。前回は割愛しましたが、今回は右手に進んで大平山へ向かいます。いきなり露岩と張り出した木の根が多い急坂です。ここを登りきると、一旦緩やかな道になりました。

画像


画像


画像


すぐにまた急斜面があり、滑りやすい状態で注意して登ります。やがて緩やかな道となり、そのまましばらく行くと大平山に着きました。山頂は結構広く、ベンチや三角点がありました。奥アルプスへの道はここから始まっています。少し切り開かれている箇所がありますが、展望はあまりよくありません。

画像


画像


画像


特に休憩もせずに多比口峠まで戻ります。急斜面の下りは滑りやすく、ゆっくり慎重に下りました。峠から北上していきますが、すぐにロープの張られた急坂を下ります。その後は細かなアップダウンの多い、痩せ尾根を進みます。

画像


画像


画像


画像


小さなピークを越えていきますが、岩に独標と書かれていました。急な岩場を下り、大きな岩を乗り越えて進んでいきます。辺りはウバメガシの純林で、沼津アルプスの核心部分です。やがて岩に掘られた階段を登ると、まもなくウバメガシの純林が終わります。

画像


画像


画像


右手に少し下ると多比峠で、ここから戸ヶ谷への道が分かれています。鷲頭山へは滑りやすい急坂が続きます。途中露岩も多くなり、かなりキツイところです。大きく右手に曲がるといくらか傾斜が緩みます。

画像


画像


画像


あとはもうひと頑張りで、沼津アルプス最高峰である鷲頭山の山頂です。山頂はかなり広くて休憩には最適なところです。前回は3月だったので桜が咲いていましたが、この日は冬枯れでちょっと寂しい雰囲気でした。

画像


画像


画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック