乳岩峡からアカヤシオ咲く三瀬明神山へ Part1

4月23日に三瀬明神山へ登ってきました。2014年4月にも三瀬から登っていますが、今回は乳岩峡からのコースで登りました。登山口には10時前くらいに到着しましたが、駐車場は一杯でした。少し戻って、道路沿いのスペースに駐車しました。

画像


登山口には以前売店があったそうですが、今では無くなっています。きれいなトイレがあったので利用させてもらってから出発します。まずは桟敷岩の上を歩いていきます。水がとてもきれいでした。

画像


画像


画像


小さな橋を渡って山道に入っていきます。階段などもあって、道はよく整備されています。周りには大きな岩が多いです。緩やかな道で、少しずつ高度を上げていきました。

画像


画像


画像


やがて橋を渡り、階段を登っていくと乳岩への分岐に着きました。左手に登っていくと15分くらいで乳岩に行けるようです。三瀬明神山へは直進します。ここからは傾斜が急になってきます。

画像


画像


画像


蒸し暑い中で頑張って登っていくと、狭い広場状の所がありました。ここは一服の岩という岩があり、私も少しだけ休憩しました。シダが生い茂る道を更に登っていくと、ようやく傾斜が緩みます。

画像


画像


画像


少し下るとまた沢沿いの道となりました。水量はかなり少ないようです。やがて反対側に渡りますが、問題無く通過できました。気持ちのいい沢沿いの道を進むと、非常に大きな岩が見えてきました。

画像


画像


画像


鬼岩付近では何人かのクライマーが岩を登っていました。オーバーハングな箇所を登っているのを見て、凄いなと思いました。鬼岩から少し登ると鬼岩乗越です。狭いですが休憩するのにいい場所でした。

画像


画像


画像


ここで右手に進むと岩場のアップダウンが続きます。大きな岩の下をくぐるようなところもありました。ヒカゲツツジが沢山咲いており、アカヤシオもわずかですが見られました。ここまでスミレくらいしか花が見られなかったので、非常にうれしかったです。

画像


画像


画像


画像


鬼岩乗越から10分ほどで胸突八丁の急坂が始まります。20分くらいですが、ジグザグでない直上りの急坂が続きます。キツイなと思いながら登っていくと、上の方にピンク色の塊のようなものが見えてきました。どうやらアカヤシオらしいと気づき、テンションが上がって一気に胸突八丁の頭まで登りました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


胸突八丁の頭付近にはアカヤシオが沢山咲いていました。淡いピンク色の花を見て、三瀬明神山へ来て良かったなと思いました。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック