Bコースで吉祥山に登ってきました

3日は豊橋の吉祥山に登ってきました。2012年に2回登っていて、それ以来の3回目です。Aコースを往復する予定でしたが、ナビの設定が間違っていてBコース登山口に来てしまいました。駐車場は区割りはされていませんが、10数台は駐車できそうでした。車を降りると鶯のさえずりが聞こえていました。

吉祥 - 1.jpg
吉祥 - 1 (1).jpg

登山口には柵があり、扉を開けて中に入っていきます。まずは小川の左岸を歩いていきます。道はよく整備されていて、道標もしっかり付いていました。少し進むと階段状の登りとなって、砂防ダムの横を通っていきました。

吉祥 - 1 (2).jpg
吉祥 - 1 (3).jpg
吉祥 - 1 (4).jpg

吉祥 - 1 (5).jpg

緩やかに登っていくと、丸太の橋で右岸に渡ります。水量が少ないので橋がなくても大丈夫なくらいでした。次第に傾斜が出てくると、また沢を渡ります。やや急な道を登っていくと、結構暑く感じてきました。

吉祥 - 1 (6).jpg
吉祥 - 1 (7).jpg
吉祥 - 1 (8).jpg

ちょっとキツイなと思いながら登っていると、足元にタチツボスミレの花が見られました。お花の時期にはまだ早かったようですが、少しでもスミレが見れたので嬉しくなりました。次第に傾斜が緩むと分岐に着きました。右手に進むと反射板経由で山頂への最短路のようです。元々短いコースなので、ここは左手のAコースに合流して山頂に至るコースを選びました。

吉祥 - 1 (9).jpg
吉祥 - 1 (10).jpg
吉祥 - 1 (11).jpg
吉祥 - 1 (12).jpg

しばらくは緩やかに、トラバース気味の道が続きます。明るく気持ちのいい道を10分足らずでAコースに合流しました。その先で今度はCコースの分岐がありました。

吉祥 - 1 (13).jpg
吉祥 - 1 (14).jpg
吉祥 - 1 (15).jpg


吉祥 - 1 (16).jpg

1750m地点(Bコース1350m地点)の標識からは山頂への最後の上り坂です。と言ってもそれほどキツくはなく、緩やかな登りが続きます。左手にベンチを見ると、本当に最後の登りです。

吉祥 - 1 (17).jpg
吉祥 - 1 (18).jpg
吉祥 - 1 (19).jpg
吉祥 - 1 (20).jpg

山頂には2組5人の方が休んでいましたが、少ししたら誰もいなくなりました。細長く傾斜のある山頂ですが、明るく開けていて気持ちのいい山頂だと思います。気温が高いせいもあって富士山は見えていませんでしたが、光岳などの南アルプスはよく見えていました。宇連山、鳳来寺山、三河明神山など奥三河の山並み、近くの本宮山、そして三河湾など展望はなかなかでした。

吉祥 - 1 (21).jpg
吉祥 - 1 (22).jpg
吉祥 - 1 (23).jpg
吉祥 - 1 (24).jpg
吉祥 - 1 (25).jpg

今回は新城PAで購入してきた稲荷寿司を食べ、温かいコーヒーを飲んでゆっくり休憩しました。下山は元来た道ではなく、反射板経由の道を進みました。山頂の奥側に角閃石片岩というのがあり、その先の道を下っていきます。植林部分を抜けると、大きな反射板の脇を通っていきました。

吉祥 - 1 (26).jpg
吉祥 - 1 (27).jpg
吉祥 - 1 (28).jpg
吉祥 - 1 (29).jpg

反射板を過ぎ、少し下ると林道に出ました。ここは右手の平坦な道を進むと、すぐにBコースの分岐に戻ってきました。あとは行きと同じ道を下っていきます。それほど時間も掛からずに登山口へと戻ってこれました。登り45分、下り35分とちょっと物足りない感じでしたが、展望には満足しました。

吉祥 - 1 (30).jpg
吉祥 - 1 (31).jpg
吉祥 - 1 (32).jpg
吉祥 - 1 (33).jpg

吉祥 - 1 (34).jpg
吉祥 - 1 (35).jpg


Bコース登山口➡︎(25分)Aコース合流点➡︎(20分)吉祥山➡︎(5分)反射板➡︎(30分)Bコース登山口




















































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント