まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS だるま山高原から金冠山へ

<<   作成日時 : 2010/01/20 04:48   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

最近忙しくてブログもなかなか書けませんが、6日に出掛けた金冠山の記事を書いておきます。

この日は晴天の予想で、今年始めての登山でもあるので少し遠出しようと思っていました。しかし前夜寝付かれず、早朝目をさましたものの眠いし寒いしで起き上がれず、出発が遅くなってしまいました。そこでドライブがてらで気楽に登れ、展望もよさそうな金冠山へと出掛けました。

静岡西部から伊豆は高速を使っても意外と遠く、静岡県は東西に長いのだなと実感します。登山口のだるま山高原駐車場に着いたのはもう3時近くになってしまっていました。もう少し早ければ達磨山まで歩いたのですが、こんな時間なので金冠山往復だけとしました。

画像


簡単に支度を済ませて出発します。トイレの左手に進むと車道脇に登山道入口がありました。最初は階段状のよく整備された道を登ります。

画像


画像


ほんのわずかで芝生の広場に出ました。この先は山頂手前までずっと芝生の広い道が続いています。歩きやすいのですが、これではあまり登山という雰囲気ではありません。

画像


画像


次第に傾斜が急になってきます。傾斜が緩んでくると右手に樹林越しに駿河湾、そして向こうに富士山が見えました。残念ながら雲に覆われていて裾野しか見えません。

画像


画像


画像


やがて周りが大きく開けてきます。行く手には金冠山が見えてきました。緩やかに下っていくあたりは露岩が多いのですが、このあたりはとても雰囲気のいいところでした。

画像


画像


T字路で右手に曲り、細い車道を横切ると山頂への最後の登りです。芝生の広い道はここまでです。

画像


画像


道は狭くなりましたが、階段状によく整備されています。やや急な登りですが、距離が短いのできつく感じることもありません。ある程度登ったところで振り返ると気持ちのいい光景でした。

画像


画像


画像


電波中継所の脇を過ぎ、もう少し登ると金冠山の山頂に到着です。山頂はそれほど広くはありませんが、周りが開けていて休憩にはとてもいいところでした。

画像


画像


画像


山頂に着いた時には富士山に雲が掛かってしまっていました。なんとか雲が取れないかと少し粘っていると、山頂部分も姿を現してくれました。すっきりとはいかなかったのですが、駿河湾越しの大きな富士には十分満足しました。

画像


画像


画像


富士だけではなく、駿河湾の海岸線やかわいらしい淡島、箱根の山並みや達磨山方面など四方の展望はとてもよかったです。残念ながら南アルプスは見えていませんでした。

画像


画像


画像


日が射してはいるものの風が結構あって寒いので、あまりのんびりもできずに下山しました。若干登り返しはあるものの、下りは登り以上に楽でとても歩き足りませんでした。早く出発しなかったのが残念でなりません。

画像


画像


画像


行きは修善寺温泉を抜けて来たのですが、帰りは伊豆半島の西側に降りることにしました。海沿いのドライブを楽しみ、せっかくなので海の幸を味わうことにしました。入ったのは沼津市獅子浜の荒磯市場というお店で、私は刺身&煮魚定食(2730円)を注文しました。夕日を眺めながらとてもおいしい魚を食べて大満足で帰途につきました。

画像


画像



だるま山高原駐車場→(30分)金冠山→(25分)だるま山高原駐車場


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
だるま山高原から金冠山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる