まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡市民の山〜竜爪山へ Part2

<<   作成日時 : 2010/05/24 01:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

18日には静岡市民の山と呼ばれる竜爪山に登ってきました。旧道を登って穂積神社には1時間弱で着きました。

画像


神社の裏手にはご神体らしい大きな杉がありました。その先から登山道が始まっています。穂積神社からは東海自然歩道を歩きます。

画像


画像


大きな杉が多い道を進みます。少し登ったところには神社跡地がありました。その少し先に変わった杉があります。よく二股になっている杉があって夫婦杉みたいな名前がついていますけど、これは二股が更に二股になっていました。

画像


画像


更に少し登ると鉄の階段が出てきました。ガイドブックなどで見ていて、これは嫌だなと思っていたので遂にきたかという感じでした。かなり急で非常に長く続くのできついです。それでもドンドン高度が上がっていくし、新緑に包まれたような感じもありました。

画像


画像


画像


登っていくと視界が開ける箇所があり、駿河湾とその向こうに伊豆半島が見えました。竜爪山より更に奥の山並みもきれいに見えていました。

画像


画像


覚悟はしていたものの、延々と続く階段にはうんざりします。足にもかなり負担が掛かっています。崩壊地があるからのようですが、それにしてもここまでの階段で整備することはないでしょう。酷いものです。

画像


画像


鉄製の階段が終わっても急登りは続きます。木や擬木で階段状に整備された箇所が多いです。かなりきつく感じますが、段差が小さいのが救いです。登りきったところが稜線でT字路になっていました。富士見台と呼ばれるところですが、雲が多くて富士山は全く見えませんでした。

画像


画像


画像


竜爪山へは左手に進みます。植林の中の緩やかな登りで、ここまでの急坂を思うと平坦に感じました。富士見台からはあっという間に1051mの薬師岳山頂です。

画像


画像


画像


薬師岳は木立に囲まれていて全く展望がありません。小さな薬師如来が奉られているのと、ベンチとテーブルが2組あるだけで少し寂しい雰囲気です。多くの人はもう一つの山頂である文珠岳に向かうようです。

画像


画像


植林の中を緩やかに下っていき、やがて急坂を下って鞍部に降り立ちます。鞍部からは新緑のきれいな気持ちのいい道を登り返していきます。

画像


画像


画像


少し急な登りもありますが距離は短くてたいしたことはありません。それほど時間も掛からず1041mの文珠岳に到着しました。こちらは薬師岳より標高こそやや低いものの、南側が大きく開けていて明るい雰囲気です。

画像


画像


こちらの山頂には名前のとおりに文珠菩薩が奉られています。また展望の山らしく一等三角点もありました。駿河湾を見下ろす傾斜地には、コンロを使うのによさそうなテーブルがいくつもありました。

画像


画像


画像


富士見台では姿を見せてくれなかった富士山ですが、山頂からは頭の部分だけは顔を覗かせていました。

画像


富士山の眺めはやや物足りませんが、眼下に広がる駿河湾の眺めは格別です。すぐ近くに清水港、海の向こうに横たわる伊豆半島もよく見えています。

画像


画像


旧道入口から登り始めてちょうど2時間くらいの道のりです。鉄の階段を登るのはかなりきつかったですが、展望の素晴らしい山頂に登り着いてとても満足しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡市民の山〜竜爪山へ Part2 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる