まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 葦毛湿原から湖西連峰の神石山へ Part2

<<   作成日時 : 2010/05/09 12:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

4月30日は葦毛湿原に出掛けてきました。ハルリンドウ咲く湿原を歩いた後は湖西連峰の稜線に上がりました。

画像


NHK中継所からはやや急坂を下ります。カタクリの葉が沢山見つかりますが、残念ながら花は全くありませんでした。それでも春の花が色々咲いていました。

画像


画像


道が平坦になり、少し登り返すと座談山です。あまりピークらしくありませんが、浜名湖方面がよく見えていました。行く手には神石山も見えていますが、まだ結構遠く感じます。行くか戻るか悩みますが、コースタイムではたいした事がないようなので神石山まで行く事にしました。

画像


画像


画像


座談山からは結構大きく下ります。鞍部からはそれほど急ではない登り返しで船形山です。ずっと展望はないものの、静かで気持ちのいい道でした。船形山の山頂はそれほど広くありませんが、かつてはお城があったようです。

画像


画像


画像


船形山からは緩やかに下り、それほど時間も掛からず普門寺峠に着きました。静かで落ち着いた雰囲気の峠でした。普門寺までわずかですが、今回は時間もないので割愛して先に進みます。

画像


画像


峠からはほんのわずかにアップダウンがある程度ののんびりした道が続きます。よく整備されていて歩きやすい道です。ただしずっと展望はありません。

画像


画像


次第に傾斜が出てきて、最後は階段状の急な登りとなります。登りきると細長い広場状の神石山山頂でした。

画像


画像


画像


神石山は一等三角点の山です。しかし木立に覆われてほとんど展望はありません。わずかに奥のベンチ付近から浜名湖方面は見えていました。

画像


画像


画像


少し休憩してから新所原駅に向かいます。山頂の船形山に近い辺りからやや急な道を下り始めます。すぐ大きな岩があって道が左右に分かれています。ここは左に進みます。それほど急な箇所はなく、お花や新緑に癒されながら歩きました。

画像


画像


画像


ラクダ岩の分岐では右に曲がって下っていきます。道端に埴輪みたいなものが点々と埋められていました。地元の子供達の作品なのでしょうか。かなり沢山の数があって、やや単調な道のいいアクセントとなっていました。

画像


画像


画像


歩いていると右手に細い道があり、その先にすぐに林道がありました。標識もなく少し迷いますが、そのままはっきりした道を直進します。少し急な斜面を登ってわずかに進むと仏岩に着きました。

画像


画像


仏岩では大きく展望が開けていました。狭くて大休止には向きませんが、縦走最後の休憩にはよさそうなところです。

画像


画像


やや急な下りから、次第に傾斜が緩んでいきます。それほど時間も掛からずに梅田峠に降り立ちました。ここから四等三角点のある嵩山まですぐですが、もう時間も遅いので先へ進みます。

画像


画像


画像


あとは遊歩道のような道を緩やかに下っていきます。左手の樹林越しに池が見えるようになるとまもなく梅田登山口です。

画像


画像


画像


ここから新所原の駅まではちょっと分かりにくかったです。後で地図をみたところ、登山口で左手に進んだ方が分かりやすいみたいです。私は大きな公園があるようなので右手に進みました。左手に池を見ながら進むと、大きな駐車場と綺麗なトイレがある公園入口です。期待に反して駅までの案内板とか標識がなくどちらに進めばいいか分かりません。

画像


方角の見当をつけて田んぼの中を歩きます。住宅地に出て、地図や携帯のナビを頼りに歩いていくとさほど掛からずに駅に着きました。

画像


画像


新所原駅にはウナギ屋が併設されています。持ち帰りが基本ですが、中の小部屋でも食べられるようなのでうな丼の大(1575円)を注文して、列車の時間までゆっくり食事させてもらいました。この価格でこれだけのボリュームのうな丼はなかなかないと思います。

画像


画像


画像


画像


新所原からだとJRで帰る方が早いのですが、一度乗ってみたかったので天竜浜名湖鉄道でのんびりと帰途につきました。

画像



岩崎葦毛湿原バス停→(15分)葦毛湿原入口→(50分)二川NHK中継所→(20分)船形山→(20分)神石山→(40分)梅田峠→(40分)新所原駅

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
葦毛湿原から湖西連峰の神石山へ Part2 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる