まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 道了尊から明神ヶ岳へ Part2

<<   作成日時 : 2011/05/30 11:15   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

20日に箱根の明神ヶ岳に登ってきました。道了尊から2時間半ほどで、富士山と金時山を望む山頂に到着しました。

画像


画像


明神ヶ岳の山頂はかなり広く、多くの人が休んでいました。ここで小田原駅で買ってきた炭火焼鳥めしを食べ、食後は神明水で汲んできた水でいれたコーヒーを飲みました。休んでいると道了尊で見た警察学校の生徒達がやってきて、随分賑やかな雰囲気になりました。

画像


画像


画像


下山は温泉に入りたかったので宮城野に向かいます。往路を少し戻り、分岐は直進して明星ヶ岳方面へと稜線を歩きます。緩やかな下りで、明るく開放的な気持ちのいい道です。最初は富士山が見えるところもありますが、進んでいくと見えなくなってしまいました。

画像


画像


樹林帯に入っても明るい雰囲気です。足下にはスミレなどお花も色々咲いています。道了尊への分岐を過ぎ、しばらくすると傾斜がやや急になってきます。

画像


画像


画像


また視界が開けると神山、駒ヶ岳が大きく見えています。かなり急な下りとなり、慎重に下っていくと明星ヶ岳方面と宮城野方面の分岐に着きました。

画像


画像


画像


時間はまだ早いので明星ヶ岳まで行きたい気持ちはありましたが、足が少し疲れているし、下ってからのんびりしたいと思って止めました。宮城野への下りはやや急な道が続きます。

画像


画像


画像


展望もなくお花もあまりありませんが、途中でギンリョウソウを見つけました。黙々と下っていくと、右手にてすりがある階段状の道となります。あとはわずかで別荘地らしいところへと着きました。標識には宮城野20分とあります。

画像


画像


画像


もう着いたなと思ってからが案外長く感じました。標識から15分近く掛かって、ようやく車道に出ました。あとは車道歩きですが、標識がこまめにあるので迷うようなことはありません。

画像


画像


画像


宮城野からは明星ヶ岳が堂々とした姿を見せています。大文字焼きの大の字もよく見えます。以前来た時には休みだったので、勘太郎の湯に入りたいと思っていました。しかし今度もちょうど定休日だったのでがっかりしてしまいました。

画像


画像


画像


画像


仕方ないのですぐ近くの宮城野温泉会館へと向かいます。ここは二度目ですが、以前入った時はお湯がきれいでなくてあまりいい印象ではなかったです。今回はそんなことはなく、お湯はきれいでした。ただし内湯は物凄く熱くて、おそらく45度くらいだったと思います。露天は42度くらいとやや熱い程度でした。

画像


画像


画像


お湯自体は無色透明です。ちょっと塩素っぽい匂いがしています。入っていると肌がしっとりとしてきて、またよく温まるなと感じました。かなり汗をかいていたこともあって、すごくさっぱりしました。残念なのはシャンプーやリンスが置いていないことです。地元の方達は自分で持ってきていました。町営とはいっても今時これではと思ってしまいました。

温泉を出てからは徒歩2分くらいの宮城野バス停に行き、ここから小田原駅まで出ました。あとは小田原のお土産を物色してから、新幹線で帰途につきました。



道了尊バス停→(55分)見晴小屋→(20分)神明水→(40分)明神水→(25分)明神ヶ岳→(25分)宮城野分岐→(45分)宮城野バス停












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
道了尊から明神ヶ岳へ Part2 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる