まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 矢倉沢から矢倉岳と足柄古道へ Part1

<<   作成日時 : 2011/12/30 03:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

26日は久し振りに小学校以来の友人と山に登りました。小田原駅で待ち合わせし、大雄山線に乗り換えます。大雄山駅からはタクシーのつもりでしたが、ちょうど地蔵堂行きのバスが来る所だったのでバスで矢倉沢まで行けました。

画像


バス停からは道路を渡り、右手の道に入ります。すぐに公園があってトイレもあります。この先は本村の集落を抜けていきます。目印や道標もあるのですが、分岐ごとにあるわけではないので迷うところもあります。

画像


画像


少し上がると神社の前を通り、その少し先で道標に従って左手の道を登ります。やがて茶畑の脇を通り、少し下りになったところにも標識があり、ここから細くて急な道を登ると猪除けを通ります。

画像


画像


画像


ようやく山道に入ります。最初は明るい雰囲気ですが、次第に展望もなく薄暗い道となりました。やや急ですが、登山道はよく整備されています。

画像


画像


また明るい雰囲気の道になり、やがてほぼ平坦なところを通ります。次第に急な登りとなると、樹林越しに海が見えてきました。

画像


画像


画像


階段状の道を登り、次第に傾斜が緩くなると山頂が近づいた感じです。カヤトの先に小さい櫓が見えたら山頂に到着です。普段は一人で黙々と登っているのですが、この日は友人とずっと話しながらでした。そのせいか疲れもなく、あっさりと山頂に着いた気がしました。

画像


画像


画像


ここまでそれほど展望がなかったのに、一気に開けたところに出ました。雲が出てきていたので富士山はだめかなとも思っていましたが、見事な姿を見ることができました。

画像


画像


展望は360度とはいきませんが素晴らしい展望でした。すぐ近くに金時山から明神への箱根外輪山、その奥には神山、富士山の左には愛鷹山、右手には三国山など山中湖南岸の山並みも見えています。もちろん相模湾も見えていて、江ノ島や三浦半島、そして房総半島もはっきり見えていました。

画像


画像


画像


風があると嫌だなと思っていましたが、ほとんど風がなく、暖かく感じるくらいでした。展望を楽しみながら、1時間ほどのんびりと休憩しました。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
矢倉沢から矢倉岳と足柄古道へ Part1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる