まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 山中湖から鉄砲木ノ頭と高指山へ

<<   作成日時 : 2012/07/02 02:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

6月27日は山中湖南岸の山を歩いてきました。東名の御殿場ICから国道138号を進むと、山中湖までは結構近く感じました。賑わっている旭日丘で右折し、湖の東部にある山中湖交流プラザの駐車場に車を停めました。ここは料金1日300円と安いし、かなりの台数が駐車可能です。

画像


画像


少し雲に隠れていますが、大きな富士山を見ながら出発します。少し旭日丘方面に歩くと「三国山ハイキングコース入口」バス停があり、そのすぐ先で標識に従って左手の細い道に入ります。目指す鉄砲木ノ頭が近くに見えています。

画像


画像


ほんのわずかで左手の未舗装の道に入ります。ここにもしっかり道標はありました。1分ほどでパノラマ台方面を示す道標があり、右折すると登山道らしくなってきます。辺りは新緑真っ盛りという感じで気持ちがいいところです。

画像


画像


画像


しばらくすると車道に出ました。道標やガイドブックでは車道を登っていくようになっています。ここで道端にオダマキが咲いていました。久し振りに見ました。

画像


画像


画像


迷ったのですが、ショートカットする山道がすぐあったのでこちらを進みました。あまり通る人がいないのか、ちょっと歩きにくいところもあります。樹林帯を抜け、周りが草原になる辺りからは山中湖と大きな富士山が眺められました。

画像


画像


画像


観光客が立ち寄るパノラマ台にはトイレがあったので、ありがたく利用させていただきました。パノラマ台からは、奥の階段状の道から鉄砲木の頭を目指します。草原ではキジの声が響き、ノビタキやホオアカの姿も見られました。やがて階段状の道から、砂礫の歩きにくい道に変わります。

画像


画像


画像


次第に傾斜が増してきますが、それほどの時間は掛からずに山頂に到着しました。山頂には中心に山中諏訪神社奥社があり、奥の方には三角点がありました。残念ながら南アは見えず、富士山も次第に隠れてきてしまいますが、それでもなかなかの展望です。

画像


画像


画像


画像


まだ時間が早いので休憩もせずに先へ進みます。展望のない樹林帯の緩やかな道を進みますが、周りにはバイケイソウが一杯ありました。もう少し早い時期なら花が一面に咲いていたのかなと思いました。

画像


画像


画像


しばらく平坦な道が続きますが、やがてやや急な下りとなりました。道がいくつも分かれていたり、はっきりしないところもありますが、時折マークもありますし、尾根から外れなければ問題はないようです。傾斜が緩むと道ははっきりして道標も出てきます。

画像


画像


画像


小ピークを左手から巻いて、また少し急な下りとなりました。下り切ったところが切通峠です。ここは十字路になっていて、右手は西丹沢の浅瀬方面へ、左に下ると山中湖東岸の平野へと下れます。私は直進して高指山を目指します。

画像


画像


画像


緩やかに登っていくとアブラチャンの純林を通り、その先で左手が開けたところを通ります。あとはわずかで東海自然歩道の大きな看板があるところに着きました。ここもまた平野への分岐となっています。

画像


画像


画像


看板の左手から高指山への最後の登りに掛かります。それほど急でもないのですが、ここまで休憩らしい休憩もしていないので、ちょっとバテ気味でした。ゆっくりゆっくりと登ると、ようやく草原状の高指山に到着です。

画像


画像


画像


山頂は山中湖側が開けていて、鉄砲木の頭と同じような展望です。富士山を望みながらとはいきませんでしたが、気持ちのいい山頂で昼食としました。東名の富士川SAで購入した桜海老弁当(500円)です。これはおいしかったです。

画像


画像


画像


ここから平野へ下る道もあるのですが、ちょっと歩き足りないのでもう少し稜線を進みます。鉄塔脇を下るとハラシマ峠で、またアブラチャン純林がありました。ここからわずかに登り返すと富士岬平という小ピークで、なかなかいいところです。

画像


画像


画像


画像


先に進むと山伏峠方面に続いていますが、ここから国道413号に向けて下っていきます。カヤトの中をまっすぐに下っていく道は結構急でした。その分ドンドン高度が下がっていき、最後は物凄く急な階段を下ると車道に出ました。あとは別荘地を下り、管理事務所を通るとまもなく国道です。

画像


画像


画像


画像


失敗したなと思ったのは、国道に出てから結構時間が掛かることと、歩道がないのに車の通行は多いことでした。富士岬平はいいところでしたが、これなら高指山かその手前の分岐から平野へ下った方がよかったと思いました。

途中で寿徳寺に立ち寄ったりもしましたが、別荘地に降り立ってから1時間の車道歩きで駐車場に戻ってきました。悔しいことに山頂では隠れてしまっていた富士が、下界に戻ってからは次第に姿を現してきていました。

画像


画像


山中湖西岸の紅富士の湯まで行ってみると臨時休業しており、また東岸まで戻って石割の湯に立ち寄りました。あとは御殿場ICまで戻り、帰りは新東名で帰途につきました。


山中湖交流プラザ→(25分)パノラマ台→(30分)鉄砲木ノ頭→(40分)切通峠→(30分)高指山→(12分)富士岬平→(25分)国道413号出合→(40分)山中湖交流プラザ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山中湖から鉄砲木ノ頭と高指山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる