まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大雪渓から白馬岳へPart4(白馬岳山頂から猿倉へ)

<<   作成日時 : 2012/07/16 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もうかなり前となってしまいましたが、4日の朝に白馬岳の山頂に立ちました。山頂からは素晴らしい景色の中を、白馬山荘へ向けてゆっくり下っていきます。

画像


画像


もう少しで山荘というところで、ライチョウが近くにいることに気が付きました。今までに何度も見ていますが、立山や後立山など北アの北部で見たのは初めてです。

画像


画像


画像


白馬山荘では屋根に布団を干していました。小屋前からは剣岳などの展望が素晴らしいです。ここのレストランでコーヒーでも飲みたかったのですが、まだ早い時期には早朝営業をしていませんでした。白馬山荘を過ぎると、両側のお花畑を見ながら頂上宿舎へと下っていきます。

画像


画像


画像


画像


画像


白馬岳頂上宿舎へ戻り、小屋の方にあいさつしてから猿倉へと向かいます。山頂往復は空身だったので楽でしたが、ここからは重い荷物を背負っていくので、ちょっとキツく感じます。コースタイム的には楽な行程なので、意識してゆっくりと下ることにしました。小屋周辺にはハクサンイチゲやウルップソウが多いです。

画像


画像


画像


下りは雪渓と夏道の急坂が交互に現れます。それでも前日と違って天気はいいし、下りだと格段に楽に感じました。雪渓の下りはステップがあるので、アイゼンなしでも特に不安はありませんでした。

画像


画像


画像


2553mの看板辺りはお花が多いところです。前日に気が付かなかったイワベンケイも見つけました。近くを雪渓の雪解け水が勢いよく流れていて気持ちいいです。

画像


画像


画像


急な雪の斜面が出てきました。行きはアイゼンを付けていましたが、大丈夫そうだったのでノーアイゼンで慎重に下りました。避難小屋を過ぎると小雪渓が出てきます。ここでは多くの方がスコップでルートを作ってくれていました。

画像


画像


画像


小雪渓を渡った辺りが少し分かりにくかったです。作業していた方に伺って、岩場と雪の急斜面を下っていきました。上を見上げると作業している方が見えるのですが、時折雪の玉が転がってきていました。

画像


画像


夏道に出ると一安心。シナノキンバイやミヤマキンポウゲが咲く道を少し下ると、ようやく大雪渓の上部に着きました。全く誰もいなかった前日と違って、ここまでも何度か登山者とすれ違いましたし、大雪渓を登ってくる人も見えていました。

画像


画像


画像


大雪渓は登るのは大変だったのですが、下りはドンドンと高度が下がっていきます。急な箇所の下りが正直心配でしたが、アイゼンが利いているので全く不安はありませんでした。

画像


画像


画像


かなり下ってきたところでお花を見るため、向かって右側の斜面に寄ってみました。シラネアオイがあちこちに咲いていましたし、一本だけでしたがハクサンコザクラが咲いているのを見つけることができました。

画像


画像


大雪渓に取り付いてから50分弱で白馬尻小屋まで戻ってきました。小屋前まで雪渓が続いているので、ここまでアイゼンを付けて下ってきました。小屋でトイレをお借りし、ちょっと休憩してから猿倉へと向かいます。

画像


画像


村営の白馬尻小屋跡を過ぎ、雪渓が所々に残る道を下っていきます。シラネアオイがわずかに見られる他、キヌガサソウとニリンソウが多く咲いていました。

画像


画像


画像


木の橋で沢を渡ってからは、しばらくお花が非常に多い道が続きます。少し進んだところで左手にわずかにそれるとシラネアオイが一杯咲いているところがありました。

画像


画像


画像


道は沢の中のようになっていて、木道の部分もあります。濡れていて滑りやすいので注意が必要です。私も1度転びそうになりました。この辺りではキヌガサソウやカラマツソウなども多く見られました。また木の橋を渡るとお花は少なくなりました。

画像


画像


画像


画像


画像


わずかに下ると林道終点に降り立ちます。あとは野鳥のさえずりを聞きながらの林道歩きです。鑓温泉分岐を過ぎ、林道から登山道に入るとまもなく猿倉に戻ってきました。猿倉荘でタクシーを呼び、暑かったので待っている間にハーゲンダッツのアイス(400円)をいただきました。あとは八方の温泉に立ち寄ってから帰途につきました。

画像


画像


画像


画像


画像



猿倉荘(泊)→(60分)白馬尻小屋→(180分)小雪渓→(75分)白馬岳頂上宿舎(泊)→(35分)白馬岳→(35分)白馬岳頂上宿舎→(30分)小雪渓→(85分)白馬尻小屋→(50分)猿倉荘





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大雪渓から白馬岳へPart4(白馬岳山頂から猿倉へ) まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる