まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 久遠寺から参道を身延山へ

<<   作成日時 : 2012/08/03 11:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

30日の月曜日は山梨の身延山に登ってきました。以前から行きたい山の1つでしたが、新東名開通でアクセスがよくなったこともあって出掛けてきました。新東名の新清水ICから国道52号を30キロくらい北上し、あとはやや細い県道を進むと門前町に入ります。最後は急な坂を上ると大きな駐車場に着きました。

画像


まずは舗装路を少し上がって久遠寺を見学します。五重塔など見事なものが多く、さすがに日蓮宗の総本山だなと思いました。後でゆっくり見て回ることにして、まずは参道から山頂を目指しました。入口は本堂の左奥にあります。駐車場から登ってくると本堂手前の左手です。

画像


画像


しばらくは舗装路の急坂が続きます。時折、お寺の軽トラックやタクシーが通りますが、歩いて登る人は全くいませんでした。道端に丁目石があるので、この数字が増えて行くのを励みに登ります。登り始めて少し行ったところに7丁目があり、山頂は50丁目です。

画像


画像


画像


登って行くと十如坊、寂光堂、丈六堂などがあります。丈六堂の少し先で15丁目でした。途中で鹿を見かけた時にはちょっとびっくりしましたが、この時期だとお花も全くなく、ずっと植林の単調な道が続きます。ひたすら暑いので修行しているような感じです。

画像


画像


画像


24丁目を過ぎると大きく開けたところに出ました。ここには大光堂や三光堂、大仏などがあり、トイレや休憩舎もありました。タクシーの場合、ここまでは入れるようです。三光堂のところで道は左に曲がり、少し進むとようやく舗装路が終わりました。

画像


画像


画像


画像


しばらくはほぼ平坦な道が続きますが、やがてまた傾斜が増してきました。35丁目を過ぎると平坦な道となり、左下の沢を見ながら歩きます。橋を渡って進むとかなり急な道となります。この辺りは一番キツいところでした。

画像


画像


画像


急坂が終わったところには法明堂が建っていて、その前には休憩舎がありました。疲れてきたので、ここで少し休憩させてもらいました。足が痛いので靴下を脱いでみると、靴擦れで皮が剥けていました。結構痛むので、歩いて下山するのは止めてロープウェイで下ろうと思いました。道は左に大きく曲がり、少し登ると東照宮がありました。名前からはきらびやかなものを想像してしまいますが、ここの東照宮は非常に地味なものでした。

画像


画像


あとは足が痛いので無理しないよう、ゆっくりと登っていきました。49丁目を過ぎて、左手に曲がるとまもなく奥ノ院に到着です。山の上はガスに覆われて、展望はほとんどありませんでした。

画像


画像


画像


奥ノ院入口を過ぎ、石段を上っていくと日蓮が手植えしたという杉がありました。石段を上ったところが思親堂で、その先に祖師堂があります。山の上のこれだけ立派なものがあるのには驚かされます。

画像


画像


画像


画像


山頂の展望台は祖師堂の左手から平坦な道をわずかで到着です。広場状になっていてベンチや展望図もありました。本来は七面山が目の前に望め、南アルプスの展望が素晴らしいのでしょうが、残念ながら全く何も見えません。裏手の方が少し高いようなので、作業道を進んでみましたが、最高点らしいところには何もありませんでした。

画像


画像


画像


登りは結構大変だったのですが、ロープウェイに乗るとあっという間に下ってきました。片道だと680円でした。ガスっていたのは山頂付近だけで、下界はすっかり晴れていました。

画像


画像


画像


あとは久遠寺をゆっくり見学します。五重塔は3年前に立て直されたものだそうです。本堂は非常に大きいし、その他の建物も彫刻が見事だったりと見所が多かったです。これだけのお寺なのに参拝がすべて無料というのも珍しいと思いました。

画像


画像


画像


画像


画像


帰りは温泉に入りたかったのですが、奥山温泉は時間が間に合わず、なんぶの湯はちょうど休館日でした。52号沿いのゆばの里で食事をしてから帰途につきました。

画像



身延山久遠寺→(15分)寂光堂→(30分)三光堂→(40分)法明堂→(20分)奥ノ院→(5分)山頂展望台→(5分)ロープウェイ山頂駅





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久遠寺から参道を身延山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる