まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜叉神峠と高谷山へ

<<   作成日時 : 2013/09/04 00:03   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

8月27日に夜叉神峠に出掛けてきました。静岡方面からだと新東名の新清水ICから身延みち(国道52号)をひたすら北上し、南アルプス市の中心部から芦安へと向かいます。芦安温泉からの山道は一部に路面の悪いところもありましたが、それほど問題も無く夜叉神峠登山口まで辿り着きました。

駐車場は無料で、かなりの台数が停められます。平日だったせいか結構空きはありました。ここには夜叉陣の森という売店・鉱泉がありますし、きれいな公衆トイレもありました。

画像


画像


画像


準備をしてからあずまやの脇の登山道に入ります。すぐ道標があって、夜叉神峠までは60〜80分となっていました。道は薄暗く、最初から結構急な登りです。フシグロセンノウの花が目を引きます。

画像


画像


画像


少し登った辺りからは傾斜が緩み、またよく整備された歩きやすい道が続きます。周りはカラマツが多く、それにブナなどの広葉樹も混じっていました。マルバダケブキが結構咲いていましたが、どれも終わりかけのようでした。

画像


画像


画像


やがて左手に「夜叉神峠あと40分」の標識があり、その先に小さな祠がありました。ここから大きく右手に曲がって登っていくと、ブナの巨木が右手にありました。

画像


画像


画像


「夜叉神峠あと30分」の標識を過ぎるとすぐ五本松というカラマツがありました。たしかに幹が五本に分かれていました。この辺りが概ね夜叉神峠までの中間地点のようです。

画像


画像


傾斜はやや急になってきますが、それほどキツく感じることはなかったです。よく整備されているし、気持ちのいい林の中の道だからだと思います。時折立派な巨木を見る事もありました。

画像


画像


画像


標高が上がってきたせいか、木々にサルオガセがぶら下がっているのが見られるようになりました。とろろ昆布みたいですが、これを見ると山深いところに来たなと感じて嬉しくなります。まもなく行く手が明るくなっていて、そこが夜叉神峠でした。ここは十字路になっていて右手にわずかで夜叉神峠小屋、直進が夜叉神峠西口登山口です。高谷山へはここを左手に向かいます。

画像


画像


画像


明るい道をわずかに進むと、峠よりも開けたところがあって北岳や間ノ岳がよく見えていました。雲が多くなっていて無理かもと思っていたので、ここまで来てよかったと思いました。

画像


画像


画像


高谷山へは少し登ったあと、しばらくほぼ平坦な道が続きます。展望はあまりありませんが、静かでとても気持ちのいい道です。少し下り気味の道の後は、山頂に向けて少しずつ登っていきます。

画像


画像


画像


やや急な登りをこなすと、あとはわずかで狭い高谷山の山頂に着きました。大きな山頂標識の他は三等三角点がありました。木立に囲まれた静かな山頂は北岳方面だけ少し切り開かれていました。

画像


画像


画像


画像


休憩は夜叉神峠小屋の前でと思っていたので、ここではあまり休まずに峠まで戻ります。行きは気が付きませんでしたが、ここでもサルオガセが見られました。峠からは直進してやや急な道を登ると、ほんの数分で夜叉神峠小屋の前に出ました。

画像


画像


画像


画像


写真では何度か見た事がありましたが、白根三山方面が大きく開けて見事な展望が広がっていました。北岳、間ノ岳、農鳥岳がよく見えていて、その左奥に悪沢岳や千枚岳、前聖岳らしいピークも見えていました。

画像


画像


画像


辺りはキャンプ指定地となっています。草原にはマツムシソウなどの秋の花が色々と咲いていました。既にテントを張っている人がいましたが、ここは近くに水場がないものの、いいテン場だとおもいました。

画像


画像


画像


画像


夜叉神峠小屋は収容人員わずか15名の小屋でかなり小さく見えました。中を覗いてみると、平日のせいかひっそりとしていました。裏手にはバイオトイレがあり、使用料は100円でした。

画像


画像


画像


画像


ベンチがある小屋前から少し先へ行ってみると、高谷山の小さなピークが見えていました。小さい三角錐で、可愛らしいピークだなと思いました。

画像


画像


素晴らしい展望を見ながらおにぎりとレトルトの豚汁で昼食を食べました。その後はコーヒーを飲んで、ゆったりとした時間を過ごしました。鳳凰三山の縦走ができないのは残念ですが、次の日は仕事なので仕方ありません。後片付けをして往路を戻ります。

画像


画像


下りはかなり楽な行程でした。午後遅い時間ですがまだまだ登ってくる人とすれちがいました。駐車場に戻り、南アルプス市の温泉に立ち寄ってから帰途につきました。帰り道では櫛形山の姿が目に付き、いつか登りたいなと思いました。

画像


画像


画像


画像



夜叉神峠登山口→(20分)五本松→(20分)夜叉神峠→(15分)高谷山→(15分)夜叉神峠小屋→(35分)夜叉神峠登山口





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜叉神峠と高谷山へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる