まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 葵高原から好展望の青笹山へPart1

<<   作成日時 : 2013/12/01 11:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

11月22日に青笹山へ登ってきました。以前から登ってみたい山のひとつでしたが、登山口までのアクセスに不安があって躊躇していました。登山口の葵高原へは山葵栽培発祥の地である有東木の集落を抜け、細い林道を登っていきます。少し落石はあったのとすれ違いがしにくい区間は多いものの、全面舗装されていて普通車でも問題なく到着できました。

画像


予定では地蔵峠から仏谷山を経由していくつもりでしたが、富士山や南アが雲に隠れてしまう前に稜線へ出たかったので最短の新道経由で登ることにしました。まずは葵高原の標識の右手にある道を進みます。少し歩くとワサビ田も出てきました。

画像


画像


楓小屋手前の右手に小さな標識があるところから登山道に入ります。ワサビ田の脇を登っていき、一番上の水が流れている道を通過します。

画像


画像


画像


鹿除けの網を潜ると新道と旧道の分岐があります。この時点で旧道は荒れた感じがしていました。新道の方はよく整備された道に感じます。植林の中の緩やかな道を進み、しばらくするとやや急な登りになってきます。

画像


画像


高度が上がってくると周りは自然林が多くなってきます。紅葉にはちょっと遅い時期ですが、それでも名残りの紅葉がきれいなところもありました。

画像


画像


Bの標識の先でガレ場を通過すると、苔のついた岩が多い所に出ました。振り返ると木々の間からちらっと南アルプスの白い頂も見えてきました。早く開けた所まで行きたいと思います。

画像


画像


画像


Cの標識を過ぎて、植林の脇の急なところを登ります。足下に霜柱があって、そろそろ山では冬だなと思います。Dの標識で大きく右手に曲がりますが、上に風穴があるようなので行ってみました。ですがワサビ田の跡らしいものがあっただけで風穴がどこにあるか分かりませんでした。

画像


画像


画像


標識のところに戻って先へと進みます。ジグザグのかなり急な道をこなすと、支尾根に乗って一度傾斜が緩みます。

画像


画像


画像


少し緩やかな道を進み、Hの標識の先で露岩の多い急坂が始まります。途中の少し開けたところから駿河湾と御前崎方面も見えていました。

画像


画像


画像


画像


急な登りが続き、高度が上がるにつれて南アルプスもよく見えてきました。天気のいい日に来れてよかったと思います。また早く見晴らしのいい所まで行きたいとはやる気持ちもありました。

画像


画像


ようやく傾斜が緩むと、両側に笹が生い茂る道になりました。最後に滑りやすい斜面を登るとPQの標識がある主稜線へとでました。ここは雨の後や凍結時には注意が必要なところだと思います。

画像


画像


画像


ここで今まで見えていなかった富士山の大きな姿が目に飛び込んできました。素晴らしい眺めに、登って来た甲斐があったなと思いました。

画像


画像


画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
登山口は、東の吉原方面から侵入するのでしょうか。西の竜爪側から侵入するのでしょうか。先日、このブログをみて、竜爪山に行こうと、車のナビに「穂積神社」を入力したところ、吉原側にまわらされ、道がなくなり、30kmくらい車遭難ぶちコキました・・・(´・ω・`;)
AI
2017/03/20 18:18
コメントありがとうございます。

竜爪山でしたら国道一号の瀬名ICから竜爪街道を北上して行きますが、穂積神社まで行くと楽すぎるので、麓の登山口から登るのがいいです。

旧道登山口には水場と有料の駐車場があります。そこから車道を数分登ると新道の登山口もあります。私のブログ記事に駐車場や登山口の写真が出てると思います。

Googleマップでは竜爪街道以外の道は出てきませんでした。

もし竜爪山でなく青笹山のアクセスであれば、静岡の中心部から梅ヶ島温泉へ向かい、途中で標識に従って右手の急坂を登って行くと有東木へ行けます。その更に奥へ進むと葵高原です。




まるふく
2017/03/21 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
葵高原から好展望の青笹山へPart1 まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる