まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 達磨山と土肥温泉ふじやホテルへ

<<   作成日時 : 2015/09/22 01:36   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

15日の火曜日には伊豆の達磨山へ出掛けてきました。2013年1月には雪の為に登山口手前で立ち往生し、残念ながら登山を諦めたことがありました。それ以来、気になってはいたのですが、ようやく出掛ける事ができました。

伊豆縦貫道から伊豆中央道、修善寺道路を経て、修善寺温泉から登山口の戸田峠へと向かいます。以前よりアクセスは便利になりました。だるま山高原キャンプ場を過ぎて、もう少し登っていくと戸田峠の大きな駐車場に着きました。登山口は駐車場の右手にありました。

画像


画像


お昼前位に出発しました。標識では達磨山まで2.2kmとなっています。階段状の道を登ると、幅の広い整備された道に出ます。両側には背の高いハコネザサが生い茂っています。早くも駿河湾が見えてきました。

画像


画像


画像


ずっと明るく開けた道なのかなと思ったのですが、まもなく照葉樹林の中に入っていきました。やや急なところもありますが、階段状になっているので歩きやすいです。この辺りの雰囲気もなかなかいいと思いました。

画像


画像


画像


樹林帯を抜けると、また気持ちのいい開けた道に出ました。眼下には戸田港もよく見えています。緩やかに登っていくと、また階段状の細い道に入ります。

画像


画像


画像


画像


小達磨山への最後の登りはやや急な道が続きます。振り返ると愛鷹山が薄らと見えていました。登り着いたピークは狭くて、展望も全くありません。まだ大して時間も経っていないので、休憩もせずに先へ進みます。

画像


画像


画像


小達磨山からの下りはかなり急でした。一旦傾斜が緩みますが、またもったいないくらいにドンドンと下っていきます。行く手には達磨山が見えてきますが、かなり遠く、高く感じました。

画像


画像


画像


一旦、西伊豆スカイラインへ出て、右手に数分進むと達磨山への登り口です。また笹原の中の階段道で山頂を目指します。ちょうど2台くらいの駐車スペースがあって、ここから往復している人もいました。

画像


画像


達磨山は小達磨山と違って、上部は木も少なくて笹ばかりでした。見晴らしのいい道を頑張って登ると、まもなく360度開けた山頂に到着しました。一等三角点の山だけあって展望がいいのですが、雲が多くて富士山は見えていませんでした。それでも駿河湾や沼津アルプスなどの展望はなかなかです。可愛らしい淡島もよく見えていました。

画像


画像


画像


画像


山頂は気持ちのいい広場状になっていて、腰掛けるのに適当な岩もいくつか点在していました。また山名の由来を記した碑もありました。

画像


画像


山頂はさすがに風が強くて、あまり長居はできませんでした。SAで買って来たパンを食べたら、あとは往路を駐車場まで戻ります。小達磨山への登り返しがキツいかなと思っていましたが、距離が短いこともあってたいした苦労もなかったです。ゆっくり歩いて駐車場に戻ってきました。

画像


画像


画像


歩き足りなかったら金冠山へも登ろうかと思っていたのですが、富士山も見えないし、以前に登ったこともあるので今回は止めておきました。そして今回のもう1つの目的地の土肥温泉へと向かいました。途中に通行止めがあって遠回りさせられましたが、30分くらいで土肥温泉へ着きました。

海辺を少し散策してから、川沿いに立つふじやホテルで日帰り入浴をさせてもらいました。料金は1000円です。通常は2時間程度となっていますが、この日は1時間くらいでと言われました。浴室は最上階の7階で、展望はとても素晴らしかったです。

画像


画像


画像


画像


お湯はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉というもので、よく温まるなという印象でした。また入っていると肌がピーンと張ったかのようになりました。お肌にもいい効果がある温泉なのだと感じました。残念なのは加水はしていないものの、循環、消毒していることですが、こういうホテルではやむを得ないのかなと思います。やや狭いものの浴場の雰囲気もよく、伊豆の山に登った際にはまた利用してみたい温泉だと思いました。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
達磨山と土肥温泉ふじやホテルへ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる