まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 茶草場農法の山〜掛川の粟ヶ岳へ

<<   作成日時 : 2016/02/23 20:06   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

18日に掛川市の粟ヶ岳へ登ってきました。道の駅かけがわの近くで国道を離れ、登山口の東山地区を目指します。道路状況もよく、分岐にはしっかりした道標があるので迷うこともありません。2012年5月にも登っているのですが、その時よりも新しい道標がいくつも設置されていました。

http://marufuku.at.webry.info/201205/article_7.html  ←前回登った際の記事はこちら

前回は駐車する場所に困ったのですが、東山いっぷく処を過ぎてすぐ左に曲がると新しい駐車場が設置されていました。斜面にありますが20〜30台くらいは駐車できそうです。トイレは東山いっぷく処のすぐ横のものが利用できます。ここで準備してから歩き始めます。

画像


しばらくは舗装されている車道を登っていきます。数多くの道標があって安心です。これらも前回登った時より新しくなっていました。まだ肌寒いですが、河津桜や梅の花が見られました。

画像


画像


画像


画像


少し登ると分岐があり、直進は車で山頂へ向かう道、ハイキングコースは大きく左に曲がっています。ここからほんのわずかで車道から細い道へと入りますが、しばらくはかなり急な登りです。左手に毘沙門天を見送り、まもなく車道を横切って更に登っていきます。

画像


画像


画像


終止茶畑の中を登っていきますが、高度が上がってくると見晴らしがよく、至る所に茶畑が見えています。近くに菊川の火剣山、その右奥には小笠山が見えています。よく見ると遠州灘も見えていました。駿河の山並みの向こうには富士山があるのですが、雲が多くて姿は見えていませんでした。

画像


画像


画像


ようやく茶畑が無くなる辺りは草原のようになっています。実はここが世界農業遺産に認定されている茶草場農法の現場なのだそうです。黄金色の草原の中の道は気持ちいいです。やがて道標があり、ようやくですが山道に入ります。

画像


画像


画像


少しすると車道に出てしまいますが、またすぐに登山道に入ります。少し登るとトラバース気味の道となり、やがて植林と照葉樹林の中に入っていきます。

画像


画像


画像


右に折り返して進むと少し視界が開けて静岡空港が見えていました。今度は左に折り返して、立派な木々もある道を緩やかに登っていきます。やがて平坦になったところが分岐になっていて、左手に進むと広場があるようです。右手に進むと古い社務所か何かの建物がありました。

画像


画像


画像


やがて鳥居がありますが石段が崩壊していて通行禁止となっています。左側から回り込んで登っていくと、石段の上へ出ました。更に登っていくとご神木のような大きな杉の木も見られました。

画像


画像


画像


山頂直下には磐座(いわくら)と呼ばれる巨石群があります。大きな岩の間の道を登ると山頂です。遠州七不思議の1つである無限の井戸跡があり、そのすぐ裏手が最高点となっています。展望もありませんし、看板がなければどこが山頂かは分からないでしょう。

画像


画像


画像


画像


画像


山頂には阿波々神社がある他、テレビ中継所などがあって賑やかです。少し下ると東山いっぷく処の山頂店があり、ここで少し休憩しました。一応おにぎりを持ってきていたのですが、せっかくなので地元掛川牛の入った黒カレーをいただきました。

画像


画像


画像


画像


いっぷく処の2階は展望台となっていて、南から東側が大きく開けています。残念ながら富士山は見えていませんでしたが、低山ながらなかなかの展望です。天気のいい時には伊豆諸島も見られるのだそうです。

画像


画像


画像


ゆっくりしたらあとは下山にかかりますが、行きとは違ってしばらくは車道を下っていくことにしました。桜並木が続いていて、もう少ししたらさぞかし見事な眺めなのでしょう。下っていくと「茶」の文字のすぐ近くを通っていきます。「今ここにいます」の看板が2カ所ありました。

画像


画像


画像


画像


看板の少し先でハイキングコースへ戻り、行きと同じ道を下っていきます。登りはややキツかったところも下りはかなり楽でした。それほど時間も掛からず、登山口の東山いっぷく処まで戻ってきました。見上げるとここからも「茶」の文字が見えていました。

画像


画像


画像


登りが55分、下りは40分くらいと楽な行程でしたが、よく整備されたコースですし、見所も色々あって楽しめました。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
東山でなく倉真側から登頂はどうでしょう。時間もかかりますが途中松葉の滝に寄ってみるのもオススメです。
tanashu
2016/03/01 09:21
tanashu様 コメントありがとうございます。

倉真からのコースにも興味がありますが、調べてもなかなかしっかりとした情報がありません。いつか辿ってみたいと思います。
まるふく
2016/03/04 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
茶草場農法の山〜掛川の粟ヶ岳へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる