まるふくの登山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱海の裏山〜初島を望む玄岳へ

<<   作成日時 : 2016/08/02 15:17   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

7月25日は熱海の山に登ってきました。熱海は通過する事はあっても、目的地として訪れたのは学生の頃以来でした。新幹線で熱海駅まで行き、駅前からはバスに乗り込みます。海辺や昔ながらの商店街を抜け、かなり急な坂道を上っていくと玄岳ハイクコース入口に着きました。

画像


画像


バスは坂道を更に登っていきますが、玄岳へは左手の車道を登っていきます。ここに大きな看板がありますし、途中にも標識があるので迷うようなことはありません。比較的新しい住宅地のようですが、かなり急な坂道が続きます。水道施設の先で平坦な道となって、ようやく一息つけました。

画像


画像


画像


住宅がまばらになって、畑や竹林などが多くなってきます。ゆっくり登っていくと左側に建設会社があるところで車道が終わり、そのまま山道へと入っていきます。ここの看板は倒れてしまっていました。

画像


画像


画像


道は狭くて、少し薮っぽいところもありますが、概ね歩きやすかったです。最初の頃には竹林、途中でヒノキの植林もありましたが、広葉樹や照葉樹が多く、山深い雰囲気に感じました。さすがに蒸し暑くて、かなり汗をかきながら歩く羽目になりました。

画像


画像


画像


しばらく登っていくと、車の音が時折聞こえてくるようになりました。やがて右手にガードレールが見えると、すぐに陸橋で熱海新道を横断しました。渡った所に才槌の洞の看板がありましたが、洞窟とかがあるわけではないようです。

画像


画像


画像


また同じような薄暗い道を緩やかに登っていきますが、次第に傾斜がややキツくなってきます。道はよく整備されていますが、時折浮き石があって注意が必要だと思いました。

画像


画像


画像


この辺りの地面は赤土や赤い岩で覆われている所が多かったです。展望もお花もなくて地味な行程でしたが、ようやく1本だけヤマユリが咲いているのを見つけました。

画像


画像


やがて行く手が明るくなり、開けた小広場に出ました。ここからは相模湾と初島が見えていました。熱海の街中と真鶴半島もよく見えていました。

画像


画像


画像


画像


また樹林帯に入って少し登ると開けた草原に出ました。この辺りが玄岳高原のようです。左手には目指す玄岳が見えていました。平坦な道を進むと氷ヶ池への分岐があり、ここは左手へと進みます。

画像


画像


画像


あとは山頂まで笹の中を一気に登っていきます。高度が上がると背後の展望も次第に開け、伊豆スカイラインや相模湾も見えていました。秋にはお花も色々と見られるようですが、終わりかけのギボウシの花が見られたくらいでした。最後の登りは5分程で広場状の玄岳山頂に着きました。

画像


画像


画像


山頂からは大きな富士山が見えるはずでしたが、ちょうど雲の中で全く見えていません。それでもここまで見えていなかった駿河湾が見えており、その手前には沼津アルプスも大きく見えていました。位置を変えると相模湾、そして近くに初島もよく見えていました。

画像


画像


画像


画像


山頂標識の辺りには人がいたので、少し離れた初島がよく見える辺りでしばらく休憩しました。草原に寝転んだりもできて、休憩するのにとてもいいところだなと思いました。帰りは氷ヶ池から丹那断層へ下るコースもありますが、暑いし、バス便も考慮して往路を戻る事にしました。下りは楽ではありますが、車道に出てからの急坂の下りはキツく感じました。

画像


画像


画像


バスで熱海駅に戻り、せっかくなので駅前の温泉に入り、その後で駅前の商店街を散策しました。あとはお土産を購入してから、新幹線で帰途につきました。

画像


画像




玄岳ハイクコース入口バス停→(15分)登山口→(25分)陸橋→(40分)玄岳→(55分)玄岳ハイクコース入口バス停









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私も何年か前に行きましたがちと寒い季節で富士山はバッチリと
見えましたです。帰りのバス便を考慮しますと沼だか湖のほうは
私も敬遠しました。私はピークでは撮影しただけで登って来た
際に眺望が開けた場所でお湯を沸かして昼食を食べコーヒーを
飲んだ記憶があります。これからも良い山旅を!
Bianco NERO
2016/08/02 17:12
Bianco NERO様 コメントありがとうございます。

この山はやはり秋から冬くらいが適期の山で、真夏に登るのはもったいないですね。また機会があれば、空気の澄んだ時期に登ってみたいものです。

単独行きだったこともあって往路を戻りましたが、誰かと一緒だったら酪農王国オラッチェへ下ってみたいとも思いました。



まるふく
2016/08/02 23:14
いつもブログ楽しみにしております。まるふくさんのブログに出るたび、まるふくさんが登った山に登っております。
疑問なんですが、愛知県のある山で、カモシカとクマに出会いました。イノシシにはまだ出会いません。
まるふくさんのブログは、ケモノの掲載がありませんが、危険なケモノとの遭遇はないのでしょうか。
AO
2016/08/22 01:32
いつもブログ楽しみにしております。まるふくさんの掲載した山を毎週、登っております。先日、愛知県でカモシカ、クマに遭遇しました。

危険ケモノに遭遇したことはありませんか?
Ai
2016/08/22 19:07
AO様(Ai様?)コメントありがとうございます。ごく私的なブログをご覧頂きまして、どうもありがとうございます。

ブログに獣と遭遇した話を書いたことは何回かあると思います。

熊にはお目に掛かったことはありませんが、猿や鹿、猪、カモシカには何度も遭遇しています。

猪に近距離で出会った時と、真冬の上高地で猿の群れに出会った時には怖かった記憶がありますね。





まるふく
2016/08/23 01:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱海の裏山〜初島を望む玄岳へ まるふくの登山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる