いやしの里根場から鍵掛峠と王岳へ Part2

先月27日に王岳に登ってきました。いやしの里根場から1時間半くらいで主稜線上の鍵掛峠に着きました。峠や少し下ったところからも大きな富士山が見えていました。

画像


更に少し下ると芦川方面への分岐があり、これを過ぎると鍵掛への登りです。真っ赤なツツジの木が所々で見られました。靴擦れした所に保護パッドを貼ったのですが、急な登りだと結構痛みます。両足の膝上やふくろはぎも痛み、鍵掛のピークまでかなりの時間が掛かってしまいました。山頂は木立の中であまり展望はありませんでした。

画像


画像


画像


ここから王岳へはいくつかの小ピークを超えていきます。標高差はもうあまりないので、わずかなアップダウンが続きます。気持ちのいい道ですが、何度か足が攣ってしまい、頻繁に歩行が難しい状態になってしまいました。体調はよかったのですが、かなり汗をかいたので塩分不足だったせいもあったようです。来た道を戻るか、先へと進むか迷いますが、それほど変わらないくらいなので、ゆっくりでいいから先へと進みました。

画像


画像


画像


緩やかなところは比較的進めるのですが、やや急な所では足が痛くなってしまい、やたらと立ち止まってしまいました。無事に下山できるのだろうかと不安になったりもしました。なんとか少しずつ進んでいくと、最後のチェックポイントのロープがある岩場がありました。ここは特に問題無く通過できました。

画像


画像


画像


この後はやや急な登りできつく感じます。ここはもう少しで山頂だと頑張ったのですが、登り切ったところが山頂ではなくてがっかりします。それでもほぼ平坦になった道を進むと、まもなく南側が開けた山頂に飛び出しました。鍵掛峠から2時間近く掛かってしまいましたが、こんな状態でよくここまで来れたなと思いました。

画像


画像


画像


山頂からは大きな富士山が素晴らしかったです。あまり広くもありませんが落ち着いた雰囲気の山頂で、ここで少し休憩しました。

画像


画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック