桜咲く鐘撞堂山に登ってきました

今日は東武東上線を利用して、鐘撞堂山に登ってきました。以前登っていて、なかなか良い印象があった山でしたが、記録を調べてみたら2006年12月以来で11年振りでした。

 http://marufuku.at.webry.info/200612/article_24.html ←以前登った時のブログはこちら

寄居駅から歩き出し、大正池を経て1時間足らずで山頂に着きました。駅周辺でも桜が沢山咲いていましたが、山頂付近の桜も満開でした。山頂からは笠山など奥武蔵の山並みがよく見えていました。平日でしたが、人気の山らしく登山者で賑わっていました。

画像


画像


画像


山頂からは円良田湖へ下りました。桜の名所だそうで、確かに湖畔や駐車場付近に多くの桜が咲いていました。ただし湖の雰囲気があまりよくないし、あまり絵になる光景は見られませんでした。

画像


画像


羅漢山を経て辿り着いた少林寺では桜だけでなくミツバツツジが鮮やかに咲いていました。最終目的地のかんぽの宿寄居でも桜満開でした。登山道ではスミレも多く、お花一杯のコースでした。

画像


画像













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック