2018年の山行を振り返る

あけましておめでとうございます。今年も年の初めに1年間のけじめとして、2018年の登山記録を振り返ってみます。

2018年の登山回数は15回でした。あまり多くはありませんが、2017年の13回よりは多かったです。1月は仕事が非常に忙しく、1回も登れませんでした。2月末に引っ越し、8月末に戻ってくるまで半年間は埼玉県で暮らしていました。そのため久し振りに関東の山にも登ることができました。

登ったピークは19座でした。新規の百名山は四阿山と鷲羽岳、三百名山は三俣蓮華岳。最高峰は鷲羽岳の2924m、次いで三俣蓮華岳の2841mでした。静岡に引っ越してから途絶えていた、新規の関東百名山にも登ることができました。(鋸山、御荷鉾山)

山域別では遠州と奥武蔵が多かったです。2017年に行けなかった北アルプスに行けたこと、久し振りに伊豆や房総の山に登れたことも嬉しかったです。その反面で、山梨の山には全く行けていませんでした。

1月 なし
2月粟ヶ岳(遠州)、尉ヶ峰(遠州)
3月 大高取山(奥武蔵)、鐘撞堂山(奥武蔵)(関東百名山)
4月 鋸山(房総)(関東百名山)
5月 高水山&岩茸石山&惣岳山(奥多摩)(関東百名山)、関八州見晴台(奥武蔵)、
6月 御荷鉾山(関東百名山)
7月 四阿山(日本百名山)
8月 三俣蓮華岳(北ア)(日本三百名山)&鷲羽岳(北ア)(日本百名山)
9月 浅間山&賤機山(駿河)
10月 段戸山(奥三河)、竜頭山(奥三河)
11月 猫越岳(伊豆)
12月 八高山(遠州)
 
ハイライトは何と言っても山小屋3泊で登った鷲羽岳です。長年登りたいと思っていた山ですが、晴れた日に登頂できたのは非常によかったです。その堂々たる山容、そして素晴らしい展望には感激しました。鍵平山荘と三俣山荘もいい山小屋でした。

画像


画像


低山では桜が満開だった鐘撞堂山、観光も含めて楽しめた房総の鋸山、ブナ林や笹原など変化に富んだコースがよかった猫越岳が印象深かったです。

画像


画像


画像


2019年は一度くらいはアルプスに行きたいなと思います。また近年は歩行時間の短い楽々コースが多いので、時には健脚コースも歩いてみたいです。何よりも無事に、楽しく登山が続けられるといいなと改めて思います。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック