関東ふれあいの道で鋸山へ Part2

16日は鋸山へ出掛けてきました。JR保田駅から関東ふれあいの道を歩き、1時間半くらいで一等三角点がある山頂へと辿り着きました。ここまでほとんど休憩もしていなかったので、昼食を食べて、しばらく休憩しました。 山頂からはアップダウンを繰り返して、東京湾を望む展望台へと向かいます。千葉テレビの中継アンテナは右手から巻いて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

関東ふれあいの道で鋸山へ Part1

16日は房総の鋸山へ出掛けてきました。埼玉からだとかなり遠く、東武東上線から武蔵野線、総武線、内房線と乗り継ぎ、保田駅まで4時間近く掛かりました。駅のホームからは鋸山が見えていましたが、金谷側と違って穏やかな山容でした。 駅周辺には銀行があるくらいで、お店もほとんどなく寂しい感じでした。関東ふれあいの道の道標があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋸山の本当の山頂へ

房総の鋸山は観光地として知られている山です。ロープウェイもあるし、日本寺の大仏や高度感あふれる地獄覗きは有名だと思います。私も学生時代に観光で訪れたことがありますが、今日は地獄覗きのもっと奥にある山頂へ登ってきました。 以前は整備されていないため、行かないほうがよいとされていた山頂ですが、平成18年に関東ふれあいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄居駅から鐘撞堂山と円良田湖へ Part2

30日は鐘撞堂山に登ってきました。寄居駅からのんびり歩いて1時間くらいで山頂に着きました。桜満開の山頂でしばらく休憩し、次は桜の名所である円良田湖へと向かいました。 階段状の道を下り、大正池からの道を見送って直進します。緩やかに下っていきますが、明るく気持ちの良い道です。やがて大きく左に曲がるところがあり、その先は簡易舗装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄居駅から鐘撞堂山と円良田湖へ Part1

30日は鐘撞堂山へと出掛けてきました。東武東上線寄居駅で下車し、北口に出ると大きな寄居町役場があります。役場の右側の道を進み、住宅地を抜けると国道に出ました。右手に少し進むとスーパーヤオコーがあり、ここで飲み物や行動食を購入しました。 国道に戻り、最初の交差点で細い道に入ります。信号を渡ったところに看板や道標があるので、間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲く鐘撞堂山に登ってきました

今日は東武東上線を利用して、鐘撞堂山に登ってきました。以前登っていて、なかなか良い印象があった山でしたが、記録を調べてみたら2006年12月以来で11年振りでした。  http://marufuku.at.webry.info/200612/article_24.html ←以前登った時のブログはこちら 寄居駅から歩き出し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越生駅から大高取山とゆずの散歩道へ Part2

10日は越生周辺を散策してきました。越生駅から世界無名戦士の墓を経て、大高取山に着いたのは13時半くらいでした。山頂には三角点といくつかベンチがありました。一部が切り開かれていますが、薄暗くて休憩にはあまりむかないかもしれません。樹間から見える山並みもどの辺りは不明です。 静かな山頂で少し休憩し、ここからは桂木観音…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

越生駅から大高取山とゆずの散歩道へ Part1

10日には埼玉へ引っ越してから初めて山へと出掛けました。東武東上線沿線に住んでいるので、沿線で駅から歩けるコースということで越生の大高取山を選びました。この日は次第に晴れてくるという予報だったので、ゆっくり出掛けて越生駅にはお昼ぐらいに到着しました。ちょうど梅祭りの時期で賑わっていました。 駅を出てすぐにお土産や軽食が購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大高取山へ登ってきました

2月末に埼玉へ引っ越してきました。新しい生活に慣れない日々が続いていますが、今日は久し振りに奥武蔵の山へと出掛けてきました。いくつか候補はありましたが、手軽な行程で春を感じられる越生の山を選びました。越生は「ハイキングのまち」としてコースの整備にも取り組んでいるようです。 越生駅から世界無名戦士の墓を経て、大高取山までは1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東へ引っ越しします

静岡県に引っ越してきてから早いもので8年4ヶ月が経ちました。以前より登山回数は減っていますが、それでも継続的に登山は続けています。以前はあまり縁がなかった静岡や愛知の山にもかなり登りました。 ずっとこちらで暮らしていくのかとも思っていましたが、今度仕事の都合で止むを得ず埼玉県へ行くことになりました。既に賃貸マンションの契約も終わっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天竜浜名湖線で尉ヶ峰へ Part2

20日に浜名湖北岸に聳える尉ヶ峰へ登ってきました。天竜浜名湖線の西気賀駅から歩き始めて、午後1時くらいに山頂に辿り着きました。山頂はそれほど広くはありませんが、南側が開けて明るい雰囲気でした。猪の親子の像が可愛らしかったです。 この日は日差しもあって暖かかったのですが、風がやや強くて、ベンチに座っていると肌寒く感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天竜浜名湖線で尉ヶ峰へ Part1

20日は天竜浜名湖線に乗って、駅から駅へのハイキングを楽しんできました。まずは西気賀駅で下車します。ここは駅の中にグリル八雲という洋食屋さんがありますが、この日は残念ながらお休みでした。 駅を出るとすぐ国道362号線です。ここを左折して少し行くと歩道橋があり、その手前を左折して踏切を渡ります。この辺りがやや分かりにくいので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尉ヶ峰へ登ってきました

今日は浜名湖北側に聳える尉ヶ峰へ登ってきました。久し振りに天竜浜名湖線に乗って、駅から駅へとハイキングしてきました。 山頂以外でも所々に浜名湖を望めるところがありました。富士山は見れませんでしたが、遠州灘や浜松アクトタワーはよく見えていました。明るい尾根道や急な岩場、石畳が敷かれた姫街道など変化に富んだコースでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年初歩きは掛川の粟ヶ岳へ

今年は非常に仕事が忙しく、また天候に恵まれなかったりして、なかなか登山に出掛けることができませんでした。ようやく落ち着いたので、本日近くの山を登ってきました。行き先はお茶の山として知られる粟ヶ岳です。 登山口のいっぷく処からしばらくは車道や簡易舗装の道です。お茶畑を見ながら高度を上げていくと、やがて茶草場農法が行なわれてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017年の山行を振り返る

あけましておめでとうございます。年の初めに1年間のけじめとして、2017年の登山記録を振り返ってみます。 2017年の登山回数は13回でした。長年続けてきた月1登山は足の怪我が原因で途切れてしまいました。また回数も登山を初めてから一番少なかったです。山小屋泊もわずか1回で、正直なところ物足りない1年でした。 登ったピーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入生田駅から石垣山と小田原漁港へ

26日はようやく休みが取れたので、少し足を伸ばして小田原で歴史ハイキングをしてきました。新幹線で小田原まで行き、箱根登山鉄道へ乗り換えて入生田駅で下車します。出発が遅かったせいもあり、歩き始めたのは12時過ぎでした。 まずは駅から近い紹太寺を目指します。右手に進むとすぐに石段があり、これを登ると山上神社です。神社の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣山一夜城へ

昨日は小田原の石垣山へ登ってきました。このところ仕事が忙しかったのですが、ようやく1日ゆっくりできそうだったので、少し遠出してきました。 まずは箱根登山鉄道の入生田駅から歩き始め、豊臣秀吉の小田原攻め本拠地となった石垣山まで登りました。名前の通りに石垣がかなり残っていました。 石垣山は公園として整備さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コアブラツツジ色付く宮路山へ

24日は三河の宮路山へと出掛けてきました。2013年12月にも登っていますが、その時には名電赤坂駅から歩いています。今回は出発が遅くなったことと、体力に不安があったので山頂直下の駐車場まで車で行きました。赤坂の宿場町から細い道に入りますが、入り口が分かりにくいのと、一部すれ違い困難な区間があるので注意が必要です。紅葉時期だけあって駐車場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の宮路山へ

今日は紅葉目当てで宮路山へ行ってきました。出発が遅くなってしまったので、山頂手前の駐車場に着いたのはお昼近くでした。紅葉の名所だけあって登山者だけでなく、観光客がかなり多かったです。 駐車場から数分歩くとコアブラツツジの自生地です。ツツジだけでなくてモミジも多く、一面が真っ赤に染まっていました。よく見るとピークを過ぎていたり、反対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いやしの里根場から鍵掛峠と王岳へ Part3

先月の27日に王岳に登ってきました。根場から鍵掛峠を経て、王岳へ到着したのは14時過ぎでした。両脚を痛めてしまい、だましだまし歩いてきたので予定より1時間くらい遅くなってしまいました。 しばらく休憩しても脚の具合はよくなりません。それでも下りならそれほど問題ないだろうと考え、寝場へと下っていきます。主稜線を少し西へ進むと分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more